相談料無料,土日診療あり,透明や裏側からの見えない装置取扱,保険適応(外科矯正),分割払い手数料無,クレジットカード可,男性,女性の歯科医師全員 認定医,指導医,博士号有,小児〜成人(大人)まで[歯ならび]専門の 矯正歯科医院 です


矯正治療は、いつ開始したら良いのですか?というご質問をよくお受けします。

歯を支える骨が健康であれば何歳からでも矯正治療は可能ですので、大人の方であれば、開始時期はあまり迷うことはないでしょう。思い立った時が、矯正治療の開始時期です!イヒヒ

難しいのは、歯がどんどん生え変わっていく時期のお子様の場合です。
もちろん早ければ早いほど良いというわけでもなく、かといって、必ず全ての歯が永久歯に生え変わってからが良いとも言えません。ひやひや
お子様の矯正治療の最終目的は、その子の将来の永久歯のきれいな歯並びとかみ合わせを作り、お口の機能を正常にし、美しい口元、顔貌を作り出すことです。
その最終ゴールに向けて、歯の生え変わりはもちろん、体や顎の骨の成長発育をも予測して、いつの時期に何をするべきかを診断します。よって、一概に何歳くらいが良いとは、申し上げられません

【生え変わり途中のお子様が矯正治療を始めた方が良い場合】


  • 早期に治療を行う事によって、永久歯が生え揃う将来矯正治療が必要ないくらい綺麗な歯並びを得られる、
    または、永久歯が全部はえてから矯正治療を行う必要が生じた場合、簡単な治療ですんだり、抜歯を避けることができるような場合。
  • 今ある不正咬合を放置することによって、顎や顔などの骨の成長発育に悪影響を及ぼす可能性があるような場合。
    このようなケースでは、早期にその悪影響の改善を行い、更なる悪化を防ぎ、正常な成長発育をうながす事が必要になります。
  • 一定年齢以上になっても残っている指しゃぶりや、舌の癖などによって、顎の骨の成長に悪影響を与えたり、 不正咬合が誘発されている場合。
    口腔周囲の筋肉の使い方のトレーニング(MFT)を行なうことが望ましいです。

【早期に矯正治療を始めた方が良いと思われる歯並び】


  • 唇に力を入れないと口を閉じる事が出来ないほどの出っ歯
  • 受け口(前歯の反対咬合)
  • 上下の歯の中心が顎ごと左右にズレている場合
  • 指しゃぶりがあったり舌の使い方のクセがある場合
  • デコボコがひどく歯ブラシや、対合歯とのかみ合わせに問題となる場合
  • 将来できるだけ永久歯を抜かずに矯正治療をしたい場合
  • 上記以外に、心理的な問題や外傷の危険がある場合
治療開始時期については、この他にも転勤や受験など社会的な問題も考慮して考えなければいけません。

治療の開始時期は矯正医に相談してみよう 治療開始の最適な時期や方法は、その年齢や、症状によって異なります。
子供の不正咬合に気がついたら、まずは、なるべく早く矯正専門医に診てもらい、将来のことも含めて相談してみて下さい


<< 入口〜待合室 | main | 矯正治療(歯列矯正)とは? >>