お知らせ

写真は、叢生、いわゆる八重歯、でこぼこ、乱杭歯の治療例です。


八重歯や、でこぼこの歯並びもこのように綺麗に治すことができます。
犬歯は顎を左右に動かした時に下顎を誘導する役目のあるとても大切な歯です。できるだけ犬歯は抜かずに、矯正治療を行ないます。
八重歯(叢生、デコボコ、乱杭歯)の治療前・後

<< 相談料無料 | main | 反対咬合・下顎前突(受け口)の治療例 >>